カテゴリー: 介護福祉事業

2020年10月2日

9月21日は、敬老の日でした。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」と由来があります。

先日、グループホームの利用者様が満100歳を迎えられ東串良町役場より賞状とお祝いの品を頂きました。

私たち職員の人生の先輩としていつもたくさんの事を学ばせていただいております。これから、寒くなる季節となりますが、体調に気を付けながら楽しく過ごしていただきたいと思います。

2020年8月28日

8月27日に室内で夏祭りを行いました。
コロナウイルスが流行し、外出ができない状態で何か利用者様に喜んで頂きたいと思い計画を立てました。

夏祭りでは、訪問看護ステーションのびるの職員の方に体操をしていただき、一緒に踊りを踊ったり、脳の体操をしました。

そのあとに、ボウリングや輪投げなどを楽しんでいただきました。
景品もありましたよ(^▽^)/

15時のおやつには、わたあめやたこ焼き、かき氷などを好きなものを選んでもらい召し上がってもらいました。

利用者様が楽しんでいただけたようで良かったです。

また、来年はもっともっと楽しく喜んでもらえる夏祭りを開催したいと思います。

一日も早くコロナウイルスが終息することを願っております。

2020年8月8日

居宅の假屋です。
先日、ある利用者様との面談中に昔話が出てきました。
「私の父は柔道の先生で生徒達が習いに来てました。夜遅くなるときょうだいは寝てしまいましたが、私はいつも寝たふりをしてました。父から抱き抱えてもらって部屋に連れていってもうらうのが楽しみだったから」
と笑いながらどこか恥ずかしそうに言われたのです。
それを聞いた瞬間にジーンときました。
例え認知症があっても心に残った記憶は決して消えないのです。
毎月モニタリングで利用者様と面談をして体調のことや生活のことを聞くことが多いですが
たまにこういう話を聞かないといけないな、これが介護の醍醐味だなと思いました。
暑さに負けず頑張っていきましょう!

2020年7月15日

毎年恒例の流しそうめんが新型コロナウイルス対策により、中止になりました。その為竹を使用したお皿にてそうめんを召し上がって貰いました。利用者様美味しそうにそうめんを沢山召し上がっておられました。

2020年5月17日

5月10日は母の日でした。
母の日と言えば、日頃の母の苦労を労い、母への感謝を表す日とされています。

南の太陽では昼食に、お赤飯のお弁当が出ました。皆様、おいしそうに召し上がり喜んで下さりました。

そのあと、日頃のありがとうと感謝の気持ちを込めて手作りのプレゼントをお渡ししました。

ご家族様より、お花のプレゼントもあり大変喜んでおられました。

これからもこのようなお祝いが出来たらいいなと思う一日でした。

2020年5月14日

5月10日に母の日がありました。
スタッフ一同から利用者様にプレゼントをお渡し致しました。
涙ながら喜んでくれる利用者様がおり、とても嬉しかったです。
これからも利用者様と寄り添いながらサポートしていきたいと思いました。

2020年5月14日

有限会社 南の太陽 「訪問看護ステーション のびる」 の管理者 林が
東串良町民生委員児童委員の5月定例会において住民からの問い合わせの多くなってきている「在宅看護」についての講演依頼を受け、本日(5/13)講演をいたしました。
開設して1年の訪問看護ステーションの経験を折り込みながら、医療的ケアが必要な方でも住み慣れた場所で自分の生活スタイルで,生活時間で療養生活を送ることができることをお話しました。また、今後入院施設を持たない東串良町においても「看護小規模多機能(看多機)」を持つことにより、医療的ケアの必要な方の一時的な滞在や他者との交流の場、介護を続けるご家族のレスパイト(休息)の場を提供できる施設設置を目指していることをお話ししました。
感染症が懸念され病院での面会が制限される中、気のしれた方々との生活をつづけながら在宅で療養生活ができる…地域住民の方の安心への一助となる情報となったのではないでしょうか?
講演の後、早速個別でのご相談もいただきました。これからも今までと変わらず地域の方々の安心のために南の太陽グループは知恵と力を出していきます!

2020年4月12日

有限会社 南の太陽 「訪問看護ステーション のびる」はこの度日本財団(笹川保健財団管轄)より助成を受け車いす対応型の福祉車両を納車いたしました。訪問看護ステーションの開催する健康講座などの開催行事にどなたでもご参加いただけるよう整備いたしました。

たくさん活用の機会を作っていきたいと思います!

2020年2月27日

2月23日、東串良町農村環境改善センターにて笹川保健財団 喜多会長にこれから必要になると考えられる在宅医療についてご講演頂きました。
南の太陽は在宅の方、施設入居の方等現在お住まいになられている場所での生活継続に向けて看護・介護の両輪でご支援いたします。
講演後の交流会でも活発な意見交換が行われていました。
とても実りの多い日となりました。

2019年12月27日

恒例の餅つき大会を今年も行いました。
出来上がったお餅を利用者様に丸めて貰い、とても楽しそうにしておりました。
お餅を使い、ねったぼを利用者様と一緒に召し上がりとても美味しかったです。