2021年2月2日

つい最近まで新年の挨拶をしていたのに2021年も1ヶ月過ぎました。まだまだコロナ終息にはほど遠いのかなって思うと少し悲しい気持ちにもなりますが…
ステイホーム期間が長い日々でも利用者様と喜怒哀楽を共に感じ生活しております。

お家に帰りたい、子供が心配、と毎日飛び交う言葉の中で職員は試行錯誤しながら利用者様への対応に追われますが、きっと私たちがバタバタしてる中ゆっくりしてるのは申し訳ないという気持ちにもなるんだろうなって。家でもしてただろう事は積極的にお手伝いをしてもらう事で職員も助かる、利用者様も任せなさい!!と喜んで手伝って下さる、感染対策や一人ひとり無理のない対応で、お互いありがとうで笑顔になれる日々です。