homecareTitle
居宅職員写真

介護の悩みやご相談承ります。お気軽にご相談ください。

介護保険の居宅介護サービスを受けられる方は、要支援、要介護と認定された後、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。介護サービス計画を作るためには、居宅介護支援業事業所にて、具体的なサービス内容を相談し、決定する必要があります。

このような介護サービス計画(ケアプラン)の作成を代行するのが居宅支援事務所 南の太陽です。ケアプラン作成にかかわる料金は無料ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

管理者より

こんにちは 居宅介護支援事業所 南の太陽の管理者兼介護支援専門員の長谷川守です。 私たち居宅介護支援事業所のケアマネージャーは、毎月、ご自宅を訪問し、長年この地域で過ごされ、高齢を迎えられた要介護者の方々の在宅の支援を担当しております。 利用者が要介護状態になられた場合に、可能な限り住み慣れたご自宅で、その能力に応じて自立した毎日が過ごす事ができる様に、心身の状況・環境等に応じて、利用者やご家族のご意向に沿って、総合的な介護サービスが提供されるように支援しています。

施設紹介

<介護サービス提供までの主な流れ>
① 利用者やご家族から事業所へ居宅介護支援の利用を申し込みします。(電話にて可能)
② 担当の介護支援専門員が利用者のお宅へ訪問します。利用者の心身状態やその環境等を調査し、可能な限り自立した日常生活が続けられるように解決すべき課題を把握・分析します。
③ 介護保険サービスの紹介を行います。また利用者や家族の方が、どのような介護サービスをどの程度の頻度で利用したいのか希望をお伺いします。併せて介護サービス利用料金を見積りします。
④ 解決すべき課題や利用者や家族の希望を考慮し、また必要に応じて、主治医に意見をお伺いし、サービス担当者会議で連絡調整をするなどして、利用者に適した介護サービスの計画である「サービス利用票」を作成します。  また介護サービスを利用された際に利用者が負担することとなる利用料の内訳を記載した「サービス利用票別表」を作成しますので併せてご確認の上、ご了解をいただきます。
⑤ 「サービス利用票」に基づき、介護サービスが計画的に提供されます。
⑥ 介護サービス提供後も介護支援専門員が継続的に利用者の心身の状態や介護サービスの実施状況を把握します。
⑦ 利用者が居宅サービス計画の変更を希望した場合、又は事業者が居宅サービス計画の変更が必要と判断した場合は、利用者やご家族の合意をもって変更します。